ダイエットinfo

ダイエットの情報
ダイエットの情報
ダイエットinfoトップ

ダイエット ダイエット食品 ダイエットサプリメント

究極のダイエット食品

究極のダイエット食品と言うと何を想像しますか?

カロリーの低いキノコ類?

ダイエット用に作られたダイエットフード?

寒天? コンニャク?


究極のダイエット食品は

食品の持っているカロリーより

その食品を消化吸収するのに使うエネルギーのほうが大きい

食品なのです。

そんな食品 あるわけないっと思っているあなた

実は そんな食品があるんです

その食品は

マイナスカロリー食品と言います

英語では negative calorie foodsと言います

negative calorie foodsgoogleで検索してみてください

マイナスカロリー食品の

種類がわかると思います。


ダイエットと運動

カロリー計算をきっちりとして

食事の制限をしてきたけれど、

肝心の体重が減る傾向が見られない!なんで。

いくら、「食べて 痩せる」と言っても、

生活そのものがだらけていては、何の意味もありません。

これまで、あまり運動らしい運動をしていなかった人が、

急にダイエットといって運動をはじめても

挫折するのは当たり前です。

このように、がんばっている自分を責めてしまったら、

せっかく痩せようという努力が無駄になってしまいます。

最近は、「運動によるダイエット」が流行り、

お家でエクササイズが出来るDVDに非常に人気が出ています。

DVDは、お値段も安いので、

ちょっと気になるものがあったら初めてみるのもいいかもしれません。

継続することで、

すこしづつ「運動によるダイエット」を

カラダに馴染ませていくのです。

運動のあとは、毎日体重計に乗ること。

これだけでも運動しながらのダイエットは成立するのです。

微妙な身体の変化を知る事。

体重が増えれば、食べ過ぎたかな?

と思ってその日は気をつける。

そうすれば一定した、体重がまずは保てるからです。

それをした事で何キロの差も出ないのです。

ダイエットサプリの効果と飲み方

ダイエットサプリは服用するだけで

ダイエットができるという点が人気を呼んでいる

ダイエット方法ですが、

飲み始めたからといって、

すぐに効果が出るものではありません。

とにかく飲み続けることだけで

やせられるのがダイエットサプリのいいところですが、

ダイエットサプリはいくつもある種類によって

飲み方や量もそれぞれ異なっているのです。

間違った飲み方をしていると

効果があらわれませんので、

きちんと正しい飲み方でダイエットを行うことが重要です。

また何種類かのダイエットサプリを

同時に飲む場合がありますが、

そのときはそのダイエットサプリ同士で

同じ成分が入っていいないか確認することが必要です。

それはダイエットサプリには

多く飲みすぎることが体に悪い影響を

及ぼす成分が含まれている可能性もあるからです。

またダイエットサプリを摂る過ぎたりすると、

それが排泄される前に身体に害を与えてしまったり、

体に残留してしまうものがあります。

ですからダイエットサプリは

適量を摂取するというのも大事なポイントです。

それから人気があるダイエットサプリには

アメリカ製のものもありますが、

アメリカ製のものは

アメリカ人の体の大きさにあわせて作られていますので

強い成分も使用されていることがあるようです・

初めての人は少量から使い始めて

だんだんと体に慣らすようにしましょう。

ダイエットサプリは基本的に

食後に水で飲むようにしますが、

お茶やコーヒーで飲むと

サプリメントの栄養素とお茶の成分がくっついて

吸収が悪くなる場合がありますので注意が必要です。

そしてダイエットサプリの成分中には、

カフェインの成分が含まれる場合もあるので、

コーヒーで飲んだりすることはあまりよくはないでしょう。

このようにダイエットサプリをうまく活用しながら、

健康的にダイエットを進めていきましょう。

オリゴ糖ダイエット

3月24日に日本ミルクコミュニティーのメタボフリーヨーグルトが発売されました。

この中に含まれるガセリSP乳酸菌は生きて腸まで届く乳酸菌で

腸内微生物のバランスを改善するのに有効とされています。

このような 

腸内微生物のバランスを改善することにより

宿主動物に有益に働く微生物添加物のことを

プロバイオティクスといいます。

活きた乳酸菌が腸まで届くという宣伝がありますが、

外から体内に摂り入れた活きた乳酸菌は、

たとえ活きたまま腸まで届いたとしても、

人間の体内には定着できませんので腸まで届いた乳酸菌は

一定期間経過後には死滅してしまいます。

腸内を健康に保つためにもっともいいのは

オリゴ糖を一日5g程度摂取するのが良いといわれています。

オリゴ糖は胃や小腸で消化酵素によって消化吸収されることなく

大腸に達し腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増殖源となり、

悪玉菌の退治のために頑張ってくれます。

オリゴ糖は腸内環境を整える人が腸内に持っている

ビフィズス菌の食料といっても過言ではないでしょ。

だから オリゴ糖を摂取することはダイエットに有効だといえます。


ダイエットと食事方法について

1日の食事の摂り方を真っ先に考える。

これがダイエットをする際に一番大切なことです。

では具体的のどのように食事を改したらよいのでしょうか。

砂糖と摂るとインシュリンの分泌が活発になるので、

ダイエットの時には砂糖と脂肪を

一緒に摂らないことが第一です。

その結果脂肪が分解されずに

体に蓄積されやすくなるので、

体脂肪がどんどんたまってしまうのです。

ということはダイエット中の人は

食後の甘いものはなるべく控えて、

ソフトドリンクなども

飲まないようにしたほうがよいでしょう。

そうはいっても

3食の食事をしっかりと摂ることは重要です。

ダイエット中であっても

朝2、昼3、夕1くらいの割合で

食事をとっていきましょう。

朝食は体のエンジンをかけるために

重要なものなので朝食を抜いてしまうと

体温がなかなか上がらず血流が悪くなり

脳細胞の動きが鈍くなってしまいます。

朝ごはんのメニューにおすすめなの

はたんぱく質を摂るものです。

ダイエット中は朝食でたんぱく質を摂りましょう。

昼食では1日のうちで一番エネルギーを摂取する必要があります。

バランスの良い食事をしっかりと摂りましょう。

そうはいってもダイエットをしているわけですから、

カロリーの高いものはおすすめできません。

バランスの良い和定食などが良いかもしれません。

夕食は1日のうちで一番軽めにするようにします。

脂肪は夜眠っている間に最も活発に蓄積されます。

脂肪を極力避けたんぱく質や野菜を中心としたメニューに

するようにします。

インシュリンの分泌を抑制する効果があるのが、

食事の後の運動です。

ダイエット中は夕食を摂った後に

運動をする習慣をつけるとよいかもしれません。

夕食後の軽い運動を取り入れながら、

以上のような食事の摂り方のポイントを

参考にするとよいでしょう。

そしてしっかりと栄養も摂ることのできる

ダイエットをしたいものです。
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。