ダイエットinfo

ダイエットの情報
ダイエットの情報
ダイエットinfoトップ > バナナダイエット

ダイエット ダイエット食品 ダイエットサプリメント

バナナダイエットでカロリーコントロール

バナナダイエットは基本的に朝食をバナナにするだけの簡単なダイエット方法なのです。

朝食以外の食事や間食は決まったルールはありませんが、朝食にバナナと飲み物を摂る以外は、摂取カロリーや消費カロリーの管理に気を配りましょう。

バナナでも何でも食べすぎはいけません。ダイエットだからといって食べる量を減らすだけが、カロリーコントロールではありません。

今までの食事内容を見直し、高カロリー食材から低カロリー食材にシフトするなどで満腹感を維持します。

空腹感からイライラが募ってはダイエット効果も半減です。ありがたいことに、バナナに含まれているヒスチジンは、ストレスを軽くし、イライラを抑えてくれる働きがあります。

ダイエットのストレスを少しでも軽くするために、バナナはきっと役に立ちます。夕飯はできるだけ早い時間にとりましょう。バナナダイエットでは水分もこまめに摂りましょう。

方法そのものは簡単です。特別な準備や道具も必要ありませんから、手軽にチャレンジできる方法といえます。

バナナを朝食に食べるだけでなく、適度な運動も心がけましょう。

バナナは保存に最適な温度が15 度なので、風通しのいい室内で保存しましょう。房をつり下げておくバナナハンガーが売られていますが、バナナは接触面から黒ずんでくるので、吊すことで長保ちします。

冷蔵庫で保管し皮が黒くなっても、意外と中身は大丈夫です。黒くなってしまったとバナナの皮の色だけで判断するのではなく、中身をチェックしてくださいね。

ダイエットinfoトップ

ダイエットのバナナはいつ食べるのか

バナナをダイエットに効率よく使うダイエット方法として、朝起きた後に1本のバナナを食べる朝バナナダイエットというものがあります。

どの時間にバナナを食べても、バナナを食べたことには変わりはありません。しかし朝食にバナナであるメリットがあります。

朝食をとらない人は、午前中、頭の働きが悪く、体の動きも悪いという結果が出ているそうです。

起きた後に必要なエネルギーをきちんと摂取しなければ、寝ている間に消費したエネルギーをまかないきれず、運動能力が食べた時より悪くなるのです。

体のことを考えるならば、通常時でもダイエット中でも、朝ご飯はしっかり食べましょう。

カロリーをできるだけ取らずに栄養を体内に取り入れるには、バナナがちょうどいい食べ物といえます。

バナナ1 本が約86 キロカロリーで、腹持ちも良いので、カロリーをコントロールしなければならないダイエットにはピッタリの食品です。

バナナは65%が水でできているため、バナナを食べると水分も摂取できます。

バナナの食物繊維の働きで、便秘を解消してくれます。便秘はダイエットの大敵ですからおすすめです。

朝のうちから体に栄養と刺激を与え、爽快な日々を送ることもダイエットには重要となります。

なるべく甘いものを食べないように心がけている時に、バナナの適度な甘みはとても美味しく、ダイエットの励みになります。

体によく、精神的なストレスも少ないバナナダイエットで、楽しくダイエットを続けましょう。

ダイエットinfoトップ

バナナでダイエットをする方法 バナナダイエット

バナナダイエットという方法がありますが、どうしてバナナでダイエットなのでしょう。

バナナダイエットの理由は、バナナは低カロリーで、体に必要な栄養素をたくさん含んでいる食品だからです。

消費するカロリーより摂取するカロリーを増やすことがダイエットで目指すところですから、たくさん動くか、あまり食べないかになります。

とはいえ、体重を減らすためにと極度に食事量を削ったり、健康を阻害するほどの運動をしては体調を崩してしまうでしょう。

厳しいダイエット計画を立てても、精神的にストレスが溜まるばかりが長く続けられませんから、無理のないカロリーコントロールが大事です。

バナナは、これらのような課題をクリアしてくれる便利な食材といえるでしょう。

バナナは、病気の人、運動をする人によいとされており、カロリーが高いのではと思っている方は多いと思います。

ですが、それほどバナナのカロリーは多くないのです。

バナナが病人や運動時にいいのは、バナナが含んでいる多種の糖類は、時間をかけて少しずつエネルギーになることからなのです。

エネルギーが持続するのは、多種の糖質が体内に吸収される速度の
違いからです。

バナナは弱った体や運動する前には、もってこいの食品なのです。

カリウム・マグネシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸・食物繊維といったたくさんの栄養素がバナナには含まれている点も見逃せません。

ダイエットにバナナを組み込むことは、カロリーを制限しながらの食事にとても使いやすいです。

ダイエットinfoトップ
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。