ダイエットinfo

ダイエットの情報
ダイエットの情報

ダイエット ダイエット食品 ダイエットサプリメント

ダイエットのリバウンドについて

無理なダイエットの反動で、

急に食べてしまったり食べなくなったり。

心と身体のバランスが崩れてストレスが限界に達し、

自分をコントロール出来ずに、

必要以上に食べてしまう。

それがリバウンドです。

ストレスからリバウンドすると、

ダイエットを開始する前よりも体重が増加してしまい、

さらにストレスがたまり、

精神的負担から嘔吐を繰り返す方もいます。

自分の不甲斐なさから、

自分自身を苦しめてしまったら、

せっかくのダイエットで成功しても

なんのプラスにもなりません。

実際には、

無謀なダイエットにより食事が思うようにできなくなり、

太りたくても太れなくなってしまい、

病院での治療をせざるを得ないというケースも

少なくないようです。

人間にとって食べ物を取ると言う行為は、

本来楽しいものなのです。

仲間とワイワイ。お酒もたまには良いでしょう。

そんな楽しみを削ってまでして痩せては、

元も子もありませんよね。

「食べる」事を楽しみ、内面を輝かせる努力をする。

そうすることで、

本来の素敵なプロポーションや

憧れていた洋服が待っていると思うのです。

無理は禁物です。

ストレスをかけないようにマイペースが大切です。

多少休んでも

ダイエットにそうそう影響は出ないものです。

ダイエットに関するたくさんの情報に踊らされないように、

自分自身の体にあったダイエット方法を

見つけていく努力をしましょう。

食事も大切にし、カラダの内側も外側もみがく事で、

あなた本来の「美しさ」があらわれてくるのです。

炭水化物ダイエットの危険

炭水化物ダイエットの危険とは。

炭水化物ダイエットですが、

最近は良く聞くダイエット方のひとつです。

炭水化物ダイエットはお米やパンを絶つことです。

貯蓄された皮下脂肪を消費させるダイエットです。

実はここに、

炭水化物ダイエットの危険が潜んでいるのをご存知ですか。

炭水化物を極端にカットすれば、

生活習慣病の原因となってしまうのです。

アトキンスダイエットとして、

アメリカでも同じく炭水化物をカットする

炭水化物ダイエットの方法があり、

数多くの成功例もあがっているようです。

炭水化物ダイエットは、

インシュリン効果があり血糖値の上昇を抑えるようです。

アメリカでのアトキンスダイエットは

糖尿病食のアレンジとも言われています。

炭水化物を取らないアトキンスダイエットには、

糖質をカットする効果がありますが、

実はこの糖質は脳になくてはならない

大事な栄養素のひとつなので、

アトキンスダイエットにより糖質をカットすることで、

カラダに違和感を感じたり、

偏頭痛を訴える人もいます。

アトキンスダイエットによる

炭水化物の摂取不足による反動で

動物性食品を過敏に摂取することになり、

結果として生活習慣病を招きやすくなる傾向があるようです。

特に日本人の場合は、

便秘のリスクも高める危険性もあるのです。

その理由は日本人の腸の長さに関係します。

また、日本人は、

お米や麺類など炭水化物を好んで食する傾向があるので、

炭水化物ダイエットを長期続けるのは

困難な方が多いのも事実です。

このように、炭水化物ダイエットは

短期に体重を落とすには大変効果的です。

しかし健康面を考えたダイエットを行えない点では

リスクが高いのです。

やはりバランスの良い食事を取りながら

健康的に行なえるダイエットの方が、

カラダに優しくて日本人には向いていると思います。

ダイエットと運動

食事の熱量を守って、

食生活も見直したけど、全然体重が減らない。

何故でしょう。食べながらダイエットしても、

食生活だけでなく生活自体がだらけていては、

ダイエットの効果も半減です。

ただ、今まで激しい運動をしてなかった方が

急にジムに行き始めても挫折するのは当たり前です。

自分の不甲斐なさから、

自分自身を苦しめてしまったら、

せっかくのダイエットで成功しても

なんのプラスにもなりません。

エクササイズによるダイエットに人気が有り、

ビデオを見ながら簡単に

ダイエットができるDVDも出ているようですね。

テレビを見ながら簡単にエクササイズができるので、

気になるものがあったら

チャレンジしてみるのもいいかも知れません。

そうやって少しずつ「食べて 痩せる」を身体に叩き込み、

慣れさせるのです。

実は、体重計に毎日乗る。

これだけでも運動によるダイエットは成立するのです。

毎日のカラダの変化を大切にすること。

体重の変化に気をつけて

運動の量や食事の摂り方を考えれば、

一定の体重を保つことができるはずです。

少しぐらい寄り道しても

ダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。

短期ダイエットの前に

ダイエットをはじめる前に注意したいポイントについて。

「痩せたい」と考えている若い人たちのほとんどの方が、

いつもその事を考えているのではないのでしょうか。

テレビで見るタレントさんに憧れたり、

欲しい洋服サイズだったり、

女の人はいつもそんなアンテナを張っているように思います。

外国の人から見た時に、

特に日本の女性たちが

「ダイエット」と言う言葉にとても敏感であることに対して、

「痩せてるのにどうして?」

と思われている事をご存知でしょうか。

そんな中、メディアでは様々なダイエット情報が溢れ、

中には大変危険なものも存在しています。

その人自身の健康的なプロポーションが、

本来の姿なのにも関わらず、

それを見失うことも少なくありません。

ダイエットに対する間違った認識から、

食べることは、いけない事のように考えて、

極端な食事制限をしたり、

太ってしまったらといつも不安感いっぱいで過ごしたリ、

様々な病気を引き起こしたりする例も見られるようです。

短期ダイエットをする時には、

自分の体をしっかりと観察して、

体調に耳を傾けながら、

体調不良を感じたらストップするという事も、

きちんと頭に入れておきましょう。

短期ダイエットをスタートする前に、

自分が本当に太っているのかどうか、

短期ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。

BMI指数は男女共通の肥満度をもとめる計算式です。

BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。

BMI指数の計算結果が、

20以下の場合は痩せている、

24以下の場合は標準、

26.5以下の場合はやや肥満、

26.6以上の場合は肥満ということになります。

短期ダイエットをする前に、

BMIの数値により自分がどのタイプか把握した上で、

自分の体系にあったダイエットをするようにしましょう!

度を過ぎたダイエットをする必要はないのです。

ガリガリに痩せるのは、決して理想の姿ではないのです。

短期ダイエットのポイン

短期ダイエットのポイントについて。

短期ダイエットを望む女性の方が多くいるようですね。

理由も様々のようです。

久し振りに彼に逢うからとか、

夏の水着までに何キロやせるとか理由はいろいろですね。

短期ダイエットをする人は、

イベントに向けてという理由が大半です。

短期ダイエットというと、

3日間や1週間というダイエットもたくさんあります。

しかし、このような短過ぎる期間でのダイエットは、

カラダの無駄な脂肪を落とすことは、

ほとんど不可能なんです。

体内の排泄物除去や水分調節がメインになっている

女性の生理周期を考えても、

効果にバラつきがあるので、

最低でも1ヶ月の期間は必要となってきます。

短期ダイエットはリバウンドしやすいのも

特徴なので注意が必要です。

短期間での食事制限だけでは、

カラダが飢餓状態となります。

筋肉が落ちることにより、

逆にリバウンドしてしまうのです。

リバウンドしないようにするためには、

短期ダイエットと一緒に

筋力強化のための運動を行うことです。

食事制限だけ短期にしてしまうと、

筋肉も一緒に落ちてしまうことも良く覚えておきましょう。

筋肉が落ちたら「食べても太る」体質になってしまいます。

長期、短期の違いでダイエットが成功するわけではないのです。

成功のポイントは、ダイエットの選択方法にあるのです。

ダイエット成功のポイントをずばりお教えします。

長期でダイエットを考えている人も、

最初は短期を目指して集中してダイエットをしてみるのです。

集中すれば効果も現れやすいですから。

その結果を見てから、

もっとダイエットを継続するのか、

体重をキープするのかの選択をします。

継続とキープでも方法が変わってきますから。

まず最初は短期ダイエットを集中して行なうことで、

体質改善の方法が

自分なりに比較的容易につかむことができると思います。
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。