ダイエットinfo

ダイエットの情報
ダイエットの情報

ダイエット ダイエット食品 ダイエットサプリメント

ダイエット時に心がけたいこと

ダイエットを進めるためには、

余分なカロリーを摂取することのないよう

食事には気を配らなければなりません。

人の基礎代謝は10代半ばを過ぎると、

だんだん低くくなるものなのです。

成人を超えたころから太りだした人をみてみると、

若い頃と違わない量の食事をしているために

カロリーオーバーになっているということがよくあります。

脂肪燃焼ダイエットでは大雑把でもカロリー計算をして、

必要以上のカロリーを摂らないようにしましょう。

運動を継続して行うことで脂肪燃焼を行っていると、

そのうち体重が減っていたのが一時とまることがあります。

これは体が消費エネルギーを

無駄に使うまいとするために起こるもので、

適応現象というのです。

適応現象は数週間で終わりますが、

この時点でダイエットを中断したり、

食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、

体脂肪が逆に増加します。

これがあのリバウンドと呼ばれる現象なのです。

それから、有酸素運動の前後でもし水分を摂らないと

汗の量が減ってしまい、

体温調節もきちんとできなくなるので、

脂肪燃焼ダイエットとしての運動では、

十分な水分摂取は非常に大切なことなのです。

脂肪燃焼のダイエットをしているときは、

カロリーの高い食品は避けるようにし、

水を飲むだけで太るということはないと考えるようにしましょう。

ポテトチップスのような油を使ったスナック菓子は、

カロリーも相当高いので、

できるだけ控えるようにしましょう。

しかし絶対食べないとするような方法は

ストレスの元になるので、食べる頻度を少なくしたり、

食べるときも少しだけにすればいいのです。

体脂肪とダイエットの関係

食べないようにするダイエットでも

最初のうちは痩せることはできますが、

健康や美容にはよくない結果になるでしょうし、

リバウンドの可能性もひそんでいます。

その点脂肪燃焼を視野に据えたダイエットなら、

体脂肪を効率よく消費して健康的なダイエットができます。

よくダイエットの中には

体重をどこまで減らすかということだけが

目標となって食事を急激に減らしたり、

限定された食べ物だけでやせるというものがあります。

この方法では脂肪燃焼が起きずに

脂肪がつきやすい体になるばかりです。

筋肉だけが落ちてしまうと、

体脂肪率は増えるのでこれは健康的ではありません。

筋肉を落とさずに脂肪燃焼によって

体脂肪だけを減らすダイエット方法でなら

リバウンドが起こりにくくなります。

ですから健康にも美容にもいいダイエットができるというわけです。

脂肪燃焼のためには、

脂肪が体の中でエネルギー源として使われるように

燃えやすい体を作る必要があります。

摂取エネルギーを消費エネルギー以上は摂らないようにし、

適切な運動を行えば、脂肪燃焼は促されるようになるのです。

運動などで筋肉が動かされると、

体脂肪は脂肪分解酵素が働くことで

脂肪酸とグリセリンとに分解されます。

そのうち脂肪酸は血液の流れに乗って筋肉に運ばれ、

エネルギーとして使われるのです。

このようにして脂肪燃焼を活発かしながら

ダイエットを進めていくためには、

筋肉を使ったエクササイズやストレッチを

習慣的に行うとよいでしょう。

ダイエットのリバウンドについて09

無理なダイエットの反動で、急に食べてしまったり食べなくなったり。ココロとカラダのバランスが変化して、カラダに変調が起きて自分でコントロールできなくなり、食事が進んでしまう。これがリバウンドです。食事が増えることによりリバウンドしてしまうと、ダイエットのスタート時より体重が増えてしまって、

嫌悪感を抱くようになって、吐いてしまう人もいるようです。

自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、

せっかくのダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。

実際に、それを繰り返し食べられなくなり、

太りたくても太れなくなってしまい、

病院に通うなんてケースも少なくありません。

人間にとって食べ物を取ると言う行為は、

本来楽しいものなのです。仲間とワイワイ。

お酒もたまには良いでしょう。

本来楽しいはずの食事を無くしてしまっては、

ダイエットの意味がありません。

「食べる」ことを楽しみながら、内面も磨く努力をする。

そうすることで、

本来の素敵なプロポーションや憧れていた洋服が

待っていると思うのです。

無理は禁物です。

ストレスをかけないようにマイペースが大切です。

少しぐらい、寄り道しても

ダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。

ダイエットに関するたくさんの情報に踊らされないように、

自分自身の体にあったダイエット方法を

見つけていく努力をしましょう。

内側から、綺麗になる。

食べて 痩せるそこは本当の「美」があるのです。

豆乳のクッキーでダイエット

豆乳クッキーは手軽にダイエット食品として

利用できるということで、

今人気を呼んでいます。

豆乳クッキーは、

上手にダイエットに取り入れて

やせることを実現できるものですが、

毎日変わらない味は、

ダイエットの長続きにはつながらないかもしれません。

楽天などのようなオンラインショップでは、

いろいろな味の豆乳クッキーを注文することができるので、

ダイエットを長続きさせるために味を変えて試してみましょう。

そんな豆乳クッキーには、健康にいい素材である黒ゴマ、

レーズン、アーモンドや抹茶などが摂り入れられています。

豆乳クッキーの味は、販売されているショップによって

ほかにもいろいろあり、白ゴマ、かぼちゃにきなこ、

それからゆずやにんじんなどの味もあります。

ネットショップ限定の

ユニークな味の豆乳クッキーがあったりもします。

市販の豆乳クッキーには、

甘みの強いものが多くあります。

ダイエットに利用するための豆乳クッキーであれば、

やはり甘みはできるだけ強くないものがいいでしょう。

豆乳クッキーでダイエットする場合は、

野菜や穀物入りなどのような

自然の甘みで作られたものであれば、

低カロリーで健康的です。

カロリーを抑えたい、甘いものを控えようとする人は、

こんな自然な甘みの豆乳クッキーであれば

安心して食べられます。

豆乳のクッキーで、ダイエットを成功させるには、

辛抱強く、できるだけ長く続けることが必要です。

クッキーの味に飽きてダイエットを挫折しないようにするためにも、

いろんな種類の豆乳クッキーの味で変化をつけ、

飽きない工夫をすることもダイエット成功のポイントです。

豆乳がダイエットにいい理由

身体に大変いい健康ドリンクとして人気の高い豆乳ですが、

人気がある理由はそれだけではないのです。

豆乳に含まれている大豆ペプチドと大豆サポニンには、

ダイエット効果もあるのです。

豆乳に含まれる成分である、

大豆ペプチドがまず腸で吸収されると、

腸管の神経が刺激を受けます。

そうすると交感神経が優位になって血流が増えるようになり、

基礎代謝が高まります。

基礎代謝とは

生命を維持するために必要な最小のエネルギーのことですが、

日本人の成人男性で1日1400キロカロリーが、

成人女性で1200キロカロリーが必要だといわれているのです。

豆乳を飲むとこの基礎代謝が高まるようになり、

やせやすい身体にしていくことができるため、

豆乳がダイエットにいいとされるわけなのです。

肥満状態にあると、

小腸にあるせんもうという部分が

大きくなりやすい傾向にあるといわれています。

それで体が余分な糖質や脂肪を吸収しやすくなり、

太りやすい体になるのです。

豆乳に含まれる大豆サポニンが摂り入れられると、

太りやすいという症状が緩和されていきます。

大豆サポニンには肥大化した

小腸のせんもうを正常にする力があり、

脂肪や糖質が余分に吸収されるのを遅らせます。

豆乳にはすい臓から分泌される脂肪消化酵素に働きかける力もあり、

脂肪が腸内で吸収されにくくされるため、

ダイエットにはぴったりだといわれるのです。

豆乳は健康にいいだけでなく、

ダイエット効果も期待できるすぐれものです。
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。