ダイエットinfo

ダイエットの情報
ダイエットの情報

ダイエット ダイエット食品 ダイエットサプリメント

食事で始める簡単ダイエット

ダイエットを始める場合、それでは具体的になにからはじめようかと考えてしまうことはよくあるでしょう。

いきなり激しい運動を始めたり、極端に食事を減らしたりするのは長続きできる方法とはいえません。

そこで、簡単に始めることのできるダイエット法をここに紹介します。まずは普段食べている食事の調理方法を工夫することからダイエットを始めましょう。

調理器具はフッ素樹脂加工のフライパンや電子レンジ、グリルを活用しカロリーカットに努めればダイエットに効果的です。

一般的にエネルギーの低いほうから蒸す、焼く、煮る、炒める、揚げるとなっていますが、この調理過程でもカロリーカットの工夫をすることができるのでダイエットに役立ちます。

また焼くならグリルを使うと余分な油を落とすことができ、煮る場合はあくをとるといいでしょう。

炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、揚げ物のときは衣を薄くし、油はよく切った上にキッチンペーパーなどでしっかり吸い取るといいでしょう。

調理法を見直してダイエットにいいやり方へと工夫しながら、同時に食事の日記をつけてみると効果的です。

これはダイエットをしているという意識を持てればそれだけでも効果があることなので、特別詳しく記す必要はなく、食事の時間や内容などを簡単に記して残しておく程度で充分でしょう。

このような日記をつけていると、自分の食事の様子を振り返ってみることもでき、無駄やダメな点があれば気づくこともできるので、ダイエットには効果的なのです。

ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、日記とともにひとつの習慣にして進めていけばいいのです。
タグ:ダイエット

ダイエットは食事から

このごろ自分の体重が増えたと気になっている人がやせようとするとき、とりあえず気をつけるのはたいてい食事でしょう。

勝手なやり方でひどい食事制限をする人もいれば、極端に食事の量を少なくする人もいるでしょう。

かえって太りやすい体を作ってしまったり、健康を害してしまうこともあるので注意が必要です。

ではやせようとダイエットをする場合、食べ物に関しては、どんな風に食事を摂ればいいでしょうか。

それにはまずダイエットを始めるときに自分がどうして太ってしまったのかを解析してみましょう。

食事の際に摂る摂取エネルギーが消費エネルギーより多い場合は、太りやすくなるのは基本的なことです。

普段から食べすぎているのではないか、基本的に運動不足なのではないか、またダイエットに失敗したことが元でリバウンドをしていないかなどをじっくり考えてみましょう。

自分の太ってしまった原因がわかるとどのような対策をとるべきかがわかります。

なにかのストレスによってついつい食べ過ぎて、太ってしまった人であれば、そのストレスとも向き合いながら、なんとか食事もコントロールするようにするといいでしょう。

とにかくまずはストレスの元を断つように努力することで、食事も普通にできるようになり、健康にいいダイエットをすることもできるでしょう。

そしてリバウンドをしないようにするためには、食事はきちんと摂りながら、ゆっくりと体重が減っていくようなダイエットが理想的です。

心にも体にも負担をあまりかけないですむダイエットを進めるために、無理は禁物と自分に言い聞かせ、体や心を損なわないようにしなければなりません。
タグ:ダイエット

ダイエットに有効なキャベツ調理方法

千切りやザク切りにしたキャベツをパンやご飯などの炭水化物の代わりに、食べるというキャベツダイエットがあります。

ダイエットの効果を得るには、嗜好さえ合えば良い方法かもしれません。けれど油をたくさん使ったドレッシングなどをキャベツにかけて食べてしまったら意味がありませんので気をつけましょう。

このキャベツダイエットでは、キャベツを主食の代わりにするわけですからキャベツ自体には味をつけないで、他のおかず類と一緒に食べるようにすると良いでしょう。

主食になる炭水化物の代わりにカロリーの低いキャベツを食べることになります。ですからこれはダイエット効果があるといえます。

1日のカロリー摂取量が大幅に少なくなるからです。

ただし、おかずを少なくしすぎてキャベツダイエットがキャベツ断食に近いものにならないように注意することも大切です。

ある一定量のキャベツを実際の食事の前に食べることで、咀嚼の回数を増やして満幅中枢を刺激するということもできます。

実際の食事量が少なくても、このキャベツダイエット方法を実践すれば満腹感を得ることができるのです。

シャキシャキとしているキャベツは食物繊維が豊富なので、しっかりとかまないと飲み込むことができません。

自然に咀嚼回数も増え、キャベツダイエットをより効果的にすることになるのです。

キャベツダイエットとは

実に様々な種類にダイエット方法がこの世の中には存在します。

食事を工夫して食事制限をしながらダイエットを行う方法が多いようですがその中でも最近話題になっているのがキャベツダイエットです。

食物繊維やビタミンCなどを豊富に含み、かつ100gあたり23kcalしかないローカロリーのキャベツ。

カロリー制限することの多いダイエット中にぴったりの食材です。

そんなキャベツを積極的に利用してダイエットを成功させようとするのがキャベツダイエットです。

いくつかそのキャベツを利用したキャベツダイエットには方法があるようですがそのひとつは生や茹でたキャベツのみを一定期間食べ続けるというダイエット方法です。

人間が生きるうえでの栄養素はキャベツだけではまったく足りませんから、これは一種のキャベツ断食ともいえるのではないでしょうか。

このキャベツダイエットはそんなわけであくまでも一定期間のみのものというわけです。

言うまでもなくこのダイエット方法を長期間続ければ栄養失調になってしまうでしょう。

自分自身で体に老廃物や脂肪がたまっているな、食べすぎが続いたなと思うときには良い方法だといえるでしょう。

わずかな期間であればこの断食風キャベツダイエットを実行して体を浄化するのは良いでしょう。

ダンベルダイエット

ダンベルダイエットは、脂肪燃焼のダイエット運動の一つです。

これは1s〜3s程度のダンベルを使った運動を毎日行って筋肉を活性化させ、脂肪燃焼効率を上げるというダイエットです。

ダンベル体操は筋肉の血液循環をよくする運動なので、これにより体の中の代謝がよくなって、脂肪燃焼を進めることができるのです。

ダイエット目的のダンベル体操ですが、それだけでなく基礎代謝がよくなる体への体質を改善していくこともできます。

このような運動を1日に15分ずつ続けていると体質が変わっていき、じっとしていても脂肪燃焼ができるような体にすることができます。

1日のうちの好きな時間に取り組むことが出来るのが、ダンベルダイエットのよいところでもあります。

一番効果的なものは食事後2時間以内で、その時間は血糖値が高くなるのでダンベル運動で血糖値を下げると効果が高まりますテレビを見たり、音楽を聴きながらでも行うことができるところがいいですね。

1s程度の重さが確保でき持ちやすいものならダンベルにこだわる必要はありません。

ペットボトルに水を入れたものや、電話帳などの身近にあるもので代用ができます。ダンベル体操には筋肉の量を増やすと筋肉の代謝活性を高めて脂肪燃焼を促す効果が備わっています。

脂肪燃焼をしながら基礎代謝の高い体質作りが可能になります。
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。